きらめきカレッジで美文字レッスン

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡は9月3日、JA鶴岡女性大学「きらめきカレッジ」第3回「今すぐ使える♪美文字レッスン」を鶴岡市農村センターで開いた。受講生人20人が参加した。
同市と酒田市で書道教室を開く日本書学研究会師範の佐藤廣美さんと冨樫彩香さんから、筆ペンを使って自分の名前やのし袋の表書きなどの書き方を教わった。

佐藤さんは「字のバランスを意識しながら書くことが大事。横線は右上がりに、隣り合うすき間は均等にして書くと美しくバランスが取れた字が書ける」と助言し、一人一人の書いた字を添削した。
参加者は「1文字ずつ丁寧に教えていただき、わかりやすかった。普段筆で字を書くことがないので、これを機に使っていきたい」と話した。
「JAの時間」では、JA職員が青年部と女性部の食農教育や仲間づくりなどについて紹介した。

講師(左奥)から美文字を書くこつを教わる受講生
佐藤さん㊨から添削を受ける受講生

 

topics

この記事に関連する記事一覧