だだちゃ豆 生産者大会 美味しいだだちゃ豆を消費者へ

読了までの目安時間:約 2分

 

 JA鶴岡だだちゃ豆専門部は7月23日、鶴岡市のJA北部集荷場で「だだちゃ豆」生産者大会を開いた。 生産者や市場関係者など約140人が参加。

 生産者一丸となって安心安全で日本一おいしい「だだちゃ豆」を消費者に届ける事を確認した。

 加賀山雄だだちゃ豆専門部長は「消費者からの期待値は大きくなっている。生産者の皆さまには、優れた品質のものを安定的に消費者へ届けるよう、体調管理に気をつけ、心を込めて出荷してもらいたい」と呼び掛けた。

 営農指導員が出荷要領や規格などを説明。生育は順調だが、ここ数日、暑い日が続き収穫予定日が早まるので、各自圃場(ほじょう)を確認し適期での収穫を呼び掛けた。 販売担当は、的確な産地情報発信に向けた協力依頼や、昨年よりも小売店での試食宣伝を増やすほか、東京メトロと京浜急行の駅ナカ広告(デジタルサイネージ)でPRする事などが報告された。

生産者へ高品質な出荷を呼びかける加賀山専門部長

 

topics

この記事に関連する記事一覧