カーブミラー鶴岡市へ寄贈

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡、JA庄内たがわ、JA共済連山形の3団体は11月22日、鶴岡市に21基のカーブミラーを寄贈した。
阿部昭裕参事と庄内たがわ五十嵐善昭常務が、目録とレプリカを市長へ手渡した。
皆川治市長は「各地区から更新要望もあるため、ありがたく思う。有効に活用して交通事故防止に役立てたい」と述べた。
また、JA共済の地域貢献活動を説明。交通安全などさまざまな取り組みも伝えた。
カーブミラーは、交通事故防止に役立ててもらおうと昭和48年から毎年寄贈し延べ1389基となる。


皆川治市長(中央)へカーブミラーを手渡した阿部参事(左)と庄内たがわ五十嵐常務(右)

 

topics

この記事に関連する記事一覧