ハボタン実績検討会を開く

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡の花き振興部会は15日、鶴岡市の北部集荷場で2017年度実績検討会を開いた。関係者14人が出席した。

今年度は天候不順な中、約27万5000本を出荷した。

市場担当者からは「鶴岡産のハボタンはかなり期待されている。他の栽培品目との兼ね合いもあると思うが、来年度はより多くの出荷をお願いしたい」との声が出た。

販売担当からも「多くのお客様から問い合わせを頂いた。今後は、より出荷本数を増やすことが必要」と伝えられた。

出席者は、栽培マニュアルの確認や出荷本数増加に向け生産者を増やす取り組みなどが話し合われた。


肥培管理や実績を確認した生産者

 

タグ :

topics

この記事に関連する記事一覧