ミニトマトの栽培管理を学ぶ

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡園芸特産課は25日、鶴岡市管内の圃場(ほじょう)でミニトマトの栽培基礎研修会を開いた。生産者やJA園芸指導員ら30人が参加。
新たにミニトマト栽培に取り組む生産者向けに、苗や資材、圃場準備のやり方から説明。参加者は、定植後の潅水(かんすい)のタイミングや追肥時期、夏場の温度管理などについて圃場を見ながら学んだ。
園芸指導員は「栽培では生育状況や天候に留意して潅水量とハウス内の温度を調整することが重要なポイントになってくる。遮光資材を活用し、苗の状態を見ながら温度管理に努めてほしい」と話す。
今後も同様の講習会を実施する予定。

 

=今後の予定=
7月17日(火)/7月26日(木)/8月10日(金)/8月23日(木)

潅水設備について説明する園芸指導員

 

栽培管理について説明を受ける参加者

 

 

topics

この記事に関連する記事一覧