不動産管理組合が40周年記念事業を開催

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡不動産管理組合(佐藤與藏組合長)は3月22日、設立から40年となる節目の年を記念して、「40周年記念事業」を市内のグランドエル・サンを会場に開き、組合員や役職員など57人が参加した。
JA鶴岡不動産管理組合は、昭和52年3月に鶴岡支所貸家組合として設立以来、不動産経営を円滑に営むため、互いに学習し共通の問題解決を図っていくことを目的として活動を続けてきた。

YBCラジオの「ミュージックブランチ」などを担当する山形放送アナウンサーの松下香織さんを講師に迎えた記念講演では、「ラジオ・テレビのうらばなし」と題して、松下さん自身の体験や失敗談を交えながら円滑なコミュニケーションを取るポイントをお聴きした。ポイントの1つは声。松下さんは「声を鍛えるためには、良い声を普段から作っておくことが必要」と話し、良い声を出すには口角をあげて話す“笑顔の声”(松下さん命名)が相手が聞きやすく、また印象も良いと語った。

参加者たちは、聞き取りやすい松下さんのお話に時折うなずきながら、また番組制作の裏側で起こった面白エピソードの数々に終始笑顔で耳を傾けていた。

 

記念講演に先立って行われた「第40回通常総会」では役員の改選が行われ、新たに6代目組合長に佐藤八郎さんが就任した。

 

 

記念講演の様子

 

topics

この記事に関連する記事一覧

5