冬の野菜を使った料理講習会/女性部大泉支部

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡女性部大泉支部輝き部会は1月20日、鶴岡市農村センターで冬の野菜を使った料理講習会を開き、部員17人が参加した。
美肌や疲労回復などに効果がある甘酒を使った「シチュー」や「鶏つくね」、雑誌「家の光」1月号付録「旬の野菜を使った毎日かんたん!健康レシピ」を参考に、タマネギと黒酢、黒砂糖を煮詰めて作る黒玉ジャムを使った「ホウレンソウのゴマあえ」など5品を作った。材料にはダイコンやニンジン、タマネギなど自宅にある野菜を使い、甘酒料理の優しい味わいに、飲むだけでない甘酒の魅力を学んだ。
参加者は「甘酒を使った料理を食べたら体がポカポカ温まった。黒玉ジャムを使ったマーボー豆腐などにもチャレンジしてみたい」と話した。

料理を作る女性部員

完成した料理

 

topics

この記事に関連する記事一覧