女性部第46回通常総会を開催

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡女性部は3月21日、第46回通常総会を大泉支所で開き、部員・関係役職員58人が出席した。

小林絹井女性部長は「昨年度は今までの活動の積み重ねが「やまがた健康づくり大賞」の受賞に繋がり、大変な活動が多いほど部員が結束し、楽しさも増え、活動の輪が広がっていくことを実感した。29年度も地域に根差した存在感ある楽しい女性部を目指そう」と呼び掛けた。

28年度は軽スポーツ大会の開催や、栄養バランスが取れた弁当の創作を通じた健康的な食事の啓発など、部員の健康づくり支援が評価され、県から「やまがた健康づくり大賞」を受賞したことを報告。

29年度は地産地消運動や食農教育活動、新たに地域伝統食の伝承を目的とした、高校生対象の伝統料理講習会に取り組むことを確認した。

総会に先立ち、前本部役員6人の功績をたたえる感謝状の贈呈も行われた。上程された議案は原案通り承認され、部員たちは来年度の事業に向けて気持ちを新たにしていた。

JA鶴岡女性部は、昭和47年に設立され、会員数は597人。設立以来、阪神淡路大震災や中越地震、東日本大震災の支援、設立した助け合い組織「けさらん愛・愛サービス」での福祉施設ボランティアなどを行ってきた。現在は地産地消運動として、つるおか大産業まつりでの大鍋を使った豚汁の販売や、軽スポーツ大会の開催、組合員も対象とした女性フェスティバルでの5食の食材を使った弁当の提供などを行っている。

JA女性組織綱領を唱和する部員

前本部役員へ感謝状が贈呈された

 

topics

この記事に関連する記事一覧

5