生産組合長会が第45回通常総会を開く

読了までの目安時間:約 1分

 

鶴岡地域農村集落代表者会議・鶴岡市農業協同組合生産組合長会は、4月13日にJA鶴岡農業振興センターで第45回通常総会を開き、関係役職員を含め約60人が参加した。

総会では、2016年度の総括、17年度の事業計画等4議案が承認された。

16年産米は、登熟条件にも恵まれ作況指数は103、品質面でも1等米比率は99.4%と高く、タンパク含有率は低く良食味米であった事や、生産調整では政府が設定した自主的取組参考数値(深堀り)を実施したことが報告された。

17年度は、18年に米政策が大幅に見直される状況の中、諸課題を共有しながら、JA及び行政と連携し農業振興、各種事業に取り組んでいく。

また、役員改選が行われ新会長に野村仁さん(大山)、新副会長に吉住勝さん(大泉)が選出され、15名の役員による新体制がスタートした。

挨拶をする新役員

 

topics

この記事に関連する記事一覧

5