畜産部会 平成30年度通常総会を開く

読了までの目安時間:約 1分

 

 JA鶴岡畜産部会は3月26日、鶴岡市のJA農業振興センターで総会を開いた。

 伊藤長市部会長は、平成時代の畜産をめぐる情勢を振り返り、環太平洋連携協定(TPP11)など新たな貿易の枠組みも発効されたが、これまで培った事を生かしてさらに上を目指して頑張っていきたいとあいさつ。

 総会では、2018年度の事業報告や19年度の活動として、飼養管理の見直しや養鶏で農場HACCPなどに取り組む計画や予算案などが原案通り承認され、役員改選では伊藤部会長が再任した。

 総会に先立ち、18年度子牛共進会で優良牛を受賞し、販売額が上位の生産者を表彰する優良子牛生産者表彰最優秀賞に鶴岡市森片の伊藤長市さん、肉用牛の繁殖成績を審査した繁殖牛飼養管理共励会最優秀賞に鶴岡市福田の小野寺力さんが輝いた。

受賞した伊藤さん(左)と小野寺さん(右)
あいさつする伊藤部会長(右)

 

タグ :

topics

この記事に関連する記事一覧