親子でソバ打ち体験 / 第3回あぐりスクール

読了までの目安時間:約 3分

 

 JA鶴岡は11月2日、鶴岡市田川コミュニティセンターで第3回あぐりスクールを開き、市内の小学3~6年生の親子13組33人が参加した。

  一般社団法人田川そばの郷のメンバーが講師となり、 田川地区で生産されたソバ「でわかおり」を使ったソバ打ちに挑戦。

 はじめに、講師が粉と水を混ぜ込む水回しや練り、生地を薄く伸ばすのしやそばの切り方など一連の作業を実演して見せた。その後、家族ごとにソバ粉と小麦粉を混ぜ合わせたものに水を加え、風味が飛ばないようすばやく混ぜ合わせて作業していた。生地がまとまったら、薄く伸ばし、機械を使って均一な太さの麺に切った他、小間板とそば切り包丁を使って自分好みの太さの麺にしていた。

 その後、打ちたてのソバをゆで、講師が打ったソバとの食べくらべを行った。

 その他に「この本だいすきの会」庄内支部のメンバーによる読み聞かせも行われ、充実した時間を過ごした。

 参加した児童は「生地をこねたり、伸ばしたりするのが難しかったが、自分でソバを打った達成感があり楽しかった」と笑顔を見せた。

 保護者からは「自分で打ったソバを楽しみながら味わうことができ、良い経験になった」との感想が聞かれた。

講師に教わりながら手早くかき混ぜます
生地を薄く伸ばせました
打ちたてのソバを味わいました
ご参加いただきありがとうございました

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
  令和元年度のあぐりスクールは今回で最後となります。

  ご参加いただきました親子の皆様、ありがとうございました。

  来年度も農業や食に興味をもっていただけるような楽しい企画を計画しておりますので、是非ご参加ください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

topics

この記事に関連する記事一覧