雪中軟白ネギ目揃会 JA鶴岡北部集荷場で開催

軟白ネギ目揃会 出荷規格を確認

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡長ネギ専門部は30日、鶴岡市の北部集荷場で本格出荷を前に軟白ねぎの目揃会を開き、生産者、職員約50人が参加した。

営農指導員と同専門部役員五十嵐隆幸さんが軟白ネギの出荷規格について説明。長さ、太さ、重さなど等級ごとの違いや箱詰め方法、注意点についてサンプルを見せながら説明した。

販売担当からは、「長ネギは全般的に品薄感があり、産地も無い。昨シーズンにテレビ放送された影響もあって引き合いも増えているので、平準出荷と1ケースでも多く出荷してもらいたい」と呼び掛けた。

参加者は、サンプルを見ながら出荷規格を確認し質問した。

軟白ねぎは、生産者85人、約5.3ヘクタールで栽培され、本格出荷となる12月から3月は「雪中軟白ネギ」の名称で出荷される。首都圏を中心に140トンの出荷が予定されている。

 

ご注文はこちら↓↓
オンラインショップ「だだぱら」▼雪中軟白ねぎ
http://shop.dadacha.jp/?pid=113412948

 


サンプルで説明する専門部役員五十嵐さん

 


サンプルを見ながら軟白ねぎ出荷規格を確認する参加者

 

タグ :  

topics

この記事に関連する記事一覧