長ねぎ専門部 2017年度総会を開く

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡長ねぎ専門部は23日、鶴岡市の湯野浜温泉「華夕美日本海」で2017年度総会を開いた。関係者約50人が出席した。
17年度の事業報告など3議案が承認された。
伊藤鉄也専門部長は、17年度は若手生産者からの申し出もあり、若手を育て生産を伸ばしていくために研究会を発足し勉強する場を設けた。
まだまだ生産量も少なく、販売高も伸ばしていきたい。18年度は販売額1億円越えを目指そうと呼び掛けた。
実績報告の中で17年度は、露地、軟白ネギともに天候の影響もあり、昨年度より出荷数量は減少したが、特に軟白ネギが高単価となり販売額は、昨年度並みの販売額となった。
18年度は、主に新規生産者に向けに栽培実習圃を設けた研修会や、研究会による若手生産者の育成など、研修事業を強化。生産者、出荷量増加に向けて取り組んでいく。
市場関係者からは、軟白ネギは新規の引き合いもあったが数量がそろわず対応できなかった。市場の評価も良く、ビジネスチャンスはあるのでぜひ出荷数量を増やしてほしいと要望された。


17年度を総括する伊藤鉄也専門部長

 

タグ :    

topics

この記事に関連する記事一覧