鶴岡産の花 魅力伝える/女性部フレッシュ部会

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡女性部フレッシュ部会は11月15日、鶴岡市農村センターでフレッシュ部会全体研修会を開き、部会員11人が参加した。
管内で花を生産している佐藤民子さんを講師に迎え、11月22日の「いい夫婦の日」にちなみ、日頃の感謝の気持ちを花に込め、旦那さんや両親など大切な方へ贈ってもらおうとフラワーアレンジメントを企画。使用したのは、トルコギキョウやアルストロメリア、ユリなど鶴岡産の花7種類。参加者は佐藤さんにアドバイスを受けながら、はさみで茎の長さを調整し、色合いを見ながら丁寧にスポンジに挿し込んでいた。参加者からは「初めてのフラワーアレンジメントだったが、とても楽しく花を生けることができた」「同じ花材を使ってアレンジしていても、個性が出て面白い」との感想が聞かれた。


花を生けながらリフレッシュ。


素敵な作品が完成!

 

topics

この記事に関連する記事一覧