ネットメロン販売高20年ぶり11億円突破/令和元年度精算報告会

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡と西郷砂丘畑振興会は9月6日、 同市湯野浜温泉「亀や」で2019年度ネットメロン精算報告会を開いた。生産者、関係者など約150人が参加した。

19年度は出荷量59万6000㌜(1㌜5㌔)となり、 販売高は20年ぶりに11億円を突破した。

西郷砂丘畑振興会の佐藤秀一会長は「生産者皆さんの肥培管理の徹底と天候も追い風となり、出荷数量は昨年を大きく上回った。今後は、鶴岡のブランドを維持していくため、 生産者数や栽培面積の減少という課題を生産者が一丸となって解決していく必要がある」と述べた。

JA担当者は生育経過や販売経過を報告。天候に恵まれ、例年より早い出荷開始となり、果実肥大も良好で3Lを中心に出荷した。全体的に品質は良好で秀品率も高く、糖度や食味も良好。事前商談による計画販売や、販売先の新規開拓、既存企画・価格の見直しなどにより販売単価が向上した。

市場関係者からは、事前商談が安定した販売につながるため、JAや生産者との綿密な情報交換を要望された。

次年度は、販売先への正確な産地情報の発信と高品質維持に加え、販売需要に応じた作型調整を図り、さらなる販売額の増大を目指すことを確認した。

また、高品質なメロンを栽培した生産者と集落を対象に共励会表彰が行われ、個人の部は長崎地区の佐藤祐二さん、集落の部は辻興屋が受賞した。

あいさつする佐藤会長
共励会表彰個人の部で表彰された佐藤祐二さん㊨

 

topics

青年部上郷支部 園児とエダマメを収穫

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡青年部上郷支部は5日、鶴岡市みずほにある支部長の五十嵐亮さんの圃場(ほじょう)で上郷保育園の園児40人とエダマメの収穫体験を行った。

五十嵐さんは「立派に成長したエダマメをみんなで楽しみながら収穫してほしい」と話した。

園児らは、自分の背丈ほどの高さに成長したエダマメ「庄内7号」の株を、青年部員や友達と協力しあいながら力いっぱい土から引き抜いていた。

収穫を体験した園児からは「土から引っ張るのにとても力がいる。大変だけど楽しい」との感想が聞かれた。

収穫したエダマメは、さやもぎ後、ゆでておやつとして提供される。

園児と一緒にエダマメを収穫する青年部員
大きいのが採れたよ!
楽しい収穫体験になりました!

 

topics

水稲作柄調査検討会 稲の生育・刈り取り時期を確認

読了までの目安時間:約 2分

 

 JA鶴岡や鶴岡市などで組織される鶴岡地域良質米生産推進協議会では9月5日、水稲作柄調査検討会を開き、稲の生育状況や刈り取り時期を確認した。関係者42人が参加。

 管内8カ所の展示圃を巡回。JA営農指導員が各圃場で取り組んでいる多収・低コスト・情報通信技術(ICT)の活用状況などを説明、籾水分値や青籾歩合を調査し刈り取り時期を確認した。7月に各展示圃で行ったドローン(小型無人飛行機)によるリモートセンシングによる葉色や茎数などの調査結果も報告された。

 米穀畜産課では、 7月の強い東風の発生により 稲体の消耗がみられたが、センシング調査の結果や昨年の反省を生かしながら指導やケイ酸資材の普及を行ってきた。出穂後の気温が高く経過している事や圃場などで登熟状況や籾の肥大に差がある事から、圃場ごとの状態を確認し刈り取り指導することを確認。9月中旬から始まる刈り取りで農作業事故がない様呼び掛けた。

展示圃を巡回し、各圃場の取り組みや生育を確認した。

 

topics

アフリカ地域農業発展に向けJAの役割学ぶ

読了までの目安時間:約 1分

 

 JA鶴岡は9月3・4日、国際協力機構(JICA)研修生の課題別研修に講師として協力した。

 研修生は、アフリカ地域14カ国から17人が来日し、8月下旬から6週間、山形大学農学部で稲作に関する技術を自国の課題解決に向けて学んでいる。

  今回は、JAの職員が講師としてJAの業務や役割を伝え、JA各施設を見学した。営農指導に関する業務や農産物集荷場、生産資材や農機部門、農産物直売所、金融店舗など各施設を紹介、研修生からは多くの質問がだされ、JAがいろいろな事業を行い、農家を支えている事を学んでいた。

JAの施設で出荷資材について学ぶJICA研修生

 

topics

きらめきカレッジで美文字レッスン

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡は9月3日、JA鶴岡女性大学「きらめきカレッジ」第3回「今すぐ使える♪美文字レッスン」を鶴岡市農村センターで開いた。受講生人20人が参加した。
同市と酒田市で書道教室を開く日本書学研究会師範の佐藤廣美さんと冨樫彩香さんから、筆ペンを使って自分の名前やのし袋の表書きなどの書き方を教わった。

佐藤さんは「字のバランスを意識しながら書くことが大事。横線は右上がりに、隣り合うすき間は均等にして書くと美しくバランスが取れた字が書ける」と助言し、一人一人の書いた字を添削した。
参加者は「1文字ずつ丁寧に教えていただき、わかりやすかった。普段筆で字を書くことがないので、これを機に使っていきたい」と話した。
「JAの時間」では、JA職員が青年部と女性部の食農教育や仲間づくりなどについて紹介した。

講師(左奥)から美文字を書くこつを教わる受講生
佐藤さん㊨から添削を受ける受講生

 

topics

かがやき講座で防災ブレスレットづくり

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡女性部上郷支部は9月2日、鶴岡市のJA上郷支所で、組合員家庭の女性を対象に第3回かがやき講座「防災ブレスレット作成教室」を開いた。受講生16人が参加した。

『家の光』2018年7月号の記事を参考に、軽くて丈夫なひも「アウトドアコード」を編んで作った。防災ブレスレットは、ほどくと応急手当て用ロープや洗濯ひもなどに活用でき、留め具はホイッスルになっているので、助けを呼ぶ際にも役立つ。参加者は職員の指導を受けながら、ひもを編む作業に手こずりながらもお互いに教え合い完成させた。参加者は「きれいにひもを編むのが難しかったけど、慣れると楽しかった。万が一に備えて携帯し、地域にも広めていきたい」と話した。

「かがやき講座」は、軽体操、おからパウダーを使った料理やおこし作りなど、楽しくてためになる講座を年4回企画している。

真剣にブレスレットを編む参加者
完成したブレスレットを見せあった

 

topics

アルストロメリア中間検討会を開く

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡アルストロメリア専門部は8月28日、鶴岡市のJA北部集荷場で中間検討会を開いた。関係者22人が出席した。販売実績や各市場担当者から市場動向の報告、栽培管理について説明が行われ、今後の作付け品種の紹介・検討や今後に向けての課題整理を行った。

アルストロメリアの出荷数量は、天候の影響もあったが順調に推移し、2019年1月から7月末までで前年同期比9%増の142万3000本を出荷。安定した単価で販売され販売額も11%増えた。
市場からは、改元に伴うブライダル需要もあり、大型連休の影響もなかった。10月の消費税増税を前に9月に出荷してほしい。JAと綿密に連絡を取り合い、しっかり販売していきたいと伝えられた。

同専門部では、19年1月から環境モニタリング試験を開始した。株式会社IT工房Zの商品「あぐりログ」を生産者の圃場(ほじょう)に設置し、室温や土壌水分などの環境情報をデータ化し蓄積している。今後はデータを活用してアルストロメリアの栽培マニュアルを確立し、時期によって最適な管理を行うことで生産者の技術底上げ、所得の向上を目指す。

アルストロメリア専門部長の阿部秀和さんは「目標販売高を達成するため、課題を整理しながら秋以降の生産管理に生かしていこう」と呼び掛けた。

今後に向けて課題整理を行った

 

topics

児童が夏の味覚「だだちゃ豆」を堪能/青年部南支部

読了までの目安時間:約 1分

 

JA鶴岡青年部南支部は27日、鶴岡市立斎小学校の3年生を対象に管内特産のエダマメ「だだちゃ豆」の収穫体験を行った。

市内の農事組合法人IWCの圃場(ほじょう)の一画に食育学習の一環として6月に種をまき、草とりなどを行いつつ生育を見守ってきた。児童たちの胸ほどの高さに成長した「おうら」の株を土の中から引き抜き、さやもぎ作業を行った。

その後、小学校に戻り、自分たちの手で育てた「だだちゃ豆」の味を堪能してもらおうと、採れたてを調理。シンプルにゆで豆にして味わった。

作業を体験した児童は「『だだちゃ豆』を引き抜くのに力が必要で大変だったが楽しかった」と笑顔を見せた。

また「暑い日も外で作業をするので農家の仕事は大変だと思った」と、農業について関心をもってもらう機会となった。

たくさん収穫しました

採れたての「だだちゃ豆」を調理する児童たち

おいしくいただきました!

 

topics

『大泉だだちゃ豆直売所』閉店日のお知らせ

読了までの目安時間:約 1分

 

2019年の「大泉だだちゃ豆直売所」は9月1日(日)をもちまして営業を終了させていただきます。
今年もたくさんのご利用・ご来店をいただき、誠にありがとうございました。

 

topics

親子でだだちゃ豆を収穫/第2回あぐりスクール

読了までの目安時間:約 2分

 

JA鶴岡は8月24日、鶴岡市内で第2回あぐりスクールを開き、市内の小学3~6年生の親子5組13人が参加した。

はじめに大泉地区の農家約80戸で構成される農事組合法人大泉フェローズの圃場(ほじょう)でエダマメ「だだちゃ豆」の収穫を体験。同法人の役員らから収穫のコツを教わった後、子どもの背丈ほどの高さに育った主力品種の「白山」を親子で力を合わせ、根元から力いっぱい引き抜いていた。参加した児童は「根っこを引き抜くのにとても力が必要で難しかったが、楽しかった」と笑顔を見せた。

引き続き、同市農業振興センターでJA職員の本間一輝指導員よりエダマメ「だだちゃ豆」について説明を受けた。名前の由来や豆の特徴、栽培の流れなどをスライドで学んだ。
その後、 JA鶴岡北部集出荷施設で出荷の流れを学んだ他、「この本だいすきの会」庄内支部のメンバーによる読み聞かせも行われ、充実した時間を過ごした。

保護者からは「だだちゃ豆の収穫体験から普段入ることのできない施設見学までとても楽しんで学ぶことができた」との感想が聞かれた。

第3回あぐりスクールは、11月2日(土)に開催を予定している。

力を合わせて収穫しました。
読み聞かせで楽しく枝豆について学びました。
ご参加いただきありがとうございました!

 

topics

1 2 3 95