カード等を紛失した際は

通帳・カード・証書・印鑑は皆様のお財布であり、JAバンクの鍵に相当します。紛失・盗難などに遭われた際は、悪用されることを避けるためすぐにJAまでご連絡ください。

通帳・カードをなくしてしまった! どうしよう

通帳・カード・証書・印鑑などの紛失に気づいた際は、速やかに次のとおりお手続きください。

  1. まずは無くしたことをご連絡ください。
    平日の業務時間内は、最寄りの金融窓口まで、土・日・祝日および平日の業務時間外は、JAビジネス(Tel.0120-066-443)まですぐにご連絡ください。
  2. すぐにお届出印をご持参の上、お取引窓口へお越しください。都合によりすぐにお越しいただけない場合でも、電話等でのご連絡は必ずお願いいたします。
  3. 窓口で『喪失・発見届』をご記入いただきます。
  4. 一定期間発見されない場合は、窓口で『再発行依頼書』をご記入いただきます。発見された場合は、窓口で『喪失・発見届』をご記入いただきます。
  5. 窓口で再発行を行います(再発行手数料がかかります)。『再発行受領書』をご記入いただいて手続終了です。
窓口へお越しいただく際にご持参いただくもの
  • 通帳を紛失した際は……身分証明書、お届出印、紛失通帳のキャッシュカード(お持ちの方)
  • 証書を紛失した際は……身分証明書、お届出印
  • キャッシュカードを紛失した際は……身分証明書、お届出印、紛失キャッシュカードの通帳
  • 印鑑を紛失した際は……身分証明書、実印、印鑑証明書、紛失印鑑の通帳・証書等
身分証明書について
  • 有効期限のあるもの(期限内のものをご用意ください)……運転免許証、パスポート、国民健康保険被保険者証等各種保険証、福祉手帳等、住民基本台帳カード
  • 有効期限のないもの(確認日現在有効なものをご用意ください)……印鑑証明書(5ヶ月以内)、健康保険被保険者証等各種保険証、国民年金・厚生年金等各種手帳

カードの安全性を高めるために……早速チェック!

カードなどを安全に使用するため、次のような使い方をしていないかチェックしてみましょう。

  • キャッシュカードに暗証番号を書いている。
  • キャッシュカードと暗証番号を書いたメモを一緒に持ち歩いたり、保管している。
  • キャッシュカードを車内に放置したり、他人から容易に奪われそうな状況に置いている。
  • キャッシュカードの暗証番号を、生年月日や住所(番地)、電話番号(自宅・会社)、車のナンバーなど、他人でも容易に予測できる番号にしている。
  • キャッシュカードの番号を、ロッカーや貴重品ボックスなど他の暗証番号と同じものにしている。

いかがでしたか? ひとつでも該当したら危険です最寄りの金融窓口で暗証番号を変更されるよう強くおすすめします。なお、JAのATMでも簡単に変更できます。