三瀬孟宗の集荷と直売が始まる

読了までの目安時間:約 2分

 

鶴岡市三瀬にある集荷場で2日、特産のタケノコ「三瀬孟宗(もうそう)」の集荷と直売が始まった。

管内では14人が生産。2016年度は約3.9㌧を出荷し、17年度は昨年度実績超えを目指す。

三瀬地区は八森山など多くの山林地帯を要し、品質が良い孟宗が採れる孟宗産地。2014年までは上郷産孟宗と一緒に出荷していたが、以前はあった三瀬独自のブランドを復活させたいとの思いで、生産者が3年かけて荒廃していた竹林を整備。2015年に「三瀬孟宗」を復活させた。毎年少しずつ生産者が増えている。

初日は午前6時前から生産者が約80㌔孟宗を持ち込み、規格ごとに仕分けし、集荷場に並べた。朝早くから新鮮な孟宗を求めて地元住民が大勢訪れた。

同日、三瀬孟宗生産出荷組合は目揃い会を開き、出荷規格や出荷方法を確認。

齋藤吉蔵組合長は「私たちは地元の方に三瀬孟宗を食べていただくことを大事にしている。そこからファンを増やし、今後は新規市場も開拓していきたい」と話した。

三瀬孟宗は主に地元市場へ出荷され、出荷日には集荷場での直売も行う。直売は午前6時からで今月25日まで営業する予定。価格は1㌔あたり600円。

21日には、三瀬八森山レクリエーション広場を会場に、第46回三瀬八森山孟宗まつりが開かれる予定で、三瀬孟宗を使った孟宗汁や孟宗ごはんなどを楽しむことができる。

 

孟宗集荷・直売予定日:5月2日(火)、5日(金)、8日(月)、10日(水)、12(金)、14日(日)、16日(火)、18日(木)、23日(火)、25日(木)

 

新鮮な孟宗を買い求める地域住民

齋藤組合長(右)と出荷規格を確認する生産者

三瀬孟宗をPRする生産者

 

タグ :

topics

春の特産「湯田川孟宗」の集荷はじまる

読了までの目安時間:約 2分

 

平成31年(令和元年) 湯田川孟宗直売所の営業について

鶴岡を代表する春の特産品「湯田川孟宗」の集荷が2017年4月27日にスタートした。集荷所には、収穫されたばかりの孟宗が次々に運び込まれ、初日のこの日は9人の生産者によって約80㎏が出荷された。
湯田川孟宗はすべて朝掘りで鮮度が高く、えぐみが少なく柔らかな食感が特徴。地元では主に「孟宗ご飯」や郷土料理「孟宗汁」などの材料として古くから親しまれている。
JA鶴岡では平年並みの約9トンの集荷を見込んでおり、ピークは5月中旬になると予想している。
5月1日(月)には、JA湯田川孟宗部会(五十嵐兵一会長)が運営する直売所が、集荷所となりに開店。初日から開店前には行列ができ、約30分ほどで完売した。

直売所は、5月下旬まで毎朝7時から営業する。集荷状況によっては販売量が少ない日もあり、品切れ次第終了するため、同部会では早めの来店を呼びかけている。

 


新鮮な朝採り孟宗の出荷サイズを確認

初日から多くのお客様が並んだ

 

タグ : 

topics

あぐりスクール【春版】を開催

読了までの目安時間:約 2分

 

当JAは5月21日、あぐりスクール【春版】「黄金孟宗収穫体験&孟宗料理づくり」を
黄金地区で開き、市内外の親子12組34人が参加しました。

青龍寺の石井信一さんが管理する竹林で孟宗収穫体験が行われ、生産者から黄金孟宗の

特徴や収穫方法を教わりました。 急な斜面で根が深く苦労しながらも、親子で協力し、

次々と収穫。大きな孟宗を掘り当てると歓声が上がっていました。

続いてJAげんき部会のメンバーからの指導で、孟宗汁と孟宗ご飯作りが行われ、参加者

は朝採り孟宗で作った旬の料理を堪能しました。

鶴岡市大山3丁目小学5年、太田海里さんは「孟宗を掘るのはとても大変なことだと思っ

た。手入れもしなければならないのは初めて知った」と感想を話していました。

当事業は、小学3~6年生児童とその保護者を対象に、農業や食についての理解を深めな

がら、親子の絆を深めてもらうことを目的に毎年開催。今年度は全3回のスクールを予定

しています。

 

収穫方法を教わった

あぐりスクール2

大きな孟宗を手にニッコリ

 

タグ :  

topics

湯田川孟宗収穫体験を開催

読了までの目安時間:約 1分

 

湯田川地区保全組合は5月17日、鶴岡市湯田川の山林で湯田川孟宗収穫体験を開きました。

この日は天候に恵まれた中、遠くは米沢市より45人の市民が参加しました。

参加者は孟宗収穫について学んだ後に5グループに分かれ、それぞれが狙いを定めた場所で孟宗を収穫しました。親子連れも多く、子どもと一緒に孟宗を収穫するほほえましい姿が見られました。

市内より親子三人で参加した方は「いつも食べている孟宗を、先生より聞くことができて良かった。くわで孟宗を掘るのは貴重な経験で、自分で掘った孟宗を食べるのが楽しみ」と話しました。

孟宗体験①

親子で協力

孟宗体験②

大きな孟宗が採れました

 

 

タグ : 

topics

三瀬孟宗がデビュー

読了までの目安時間:約 2分

 

これまで上郷産孟宗と一緒に出荷されてきた三瀬地区の孟宗が、今年より「三瀬孟宗」のブランド名としてデビューしました。

三瀬地区は八森山など多くのの山林地帯を要し、品質が良い孟宗が採れる事で有名な孟宗産地。今年は3、4月の平均気温が平年より高めに推移したため、生育は例年よりも早まっています。
初出荷の4月30日は、午前6時前から生産者が次々と孟宗を持ち込み、大きさごとに種類わけをして、三瀬孟宗と印字された装い新たな段ボールに箱詰めして出荷作業を行いました。

初日は約45キロの孟宗が集まり、生産者の一人は「三瀬には孟宗の採れる山が多くある。三瀬独自のブランドになったので幅広い方に知ってほしい」と話しました。生産者の中には、三瀬出身で県外在住の方や農家世帯ではない方も含まれ、地域一丸となって収穫や出荷作業を行っています。
今後は地元市場に出荷され、5月下旬まで続くほか、出荷日には、出荷場で直売も行われます。
三瀬孟宗①

大小の孟宗が初出荷

三瀬孟宗②

段ボールも装い新たに

 

・直売所の地図

 

 

タグ :

topics

湯田川孟宗収穫体験を開催

読了までの目安時間:約 2分

 

湯田川孟宗の収穫作業を体験し、農への知識を深めてもらおうと一般市民向けに企画している、湯田川孟宗の収穫体験が5月18日に湯田川地区で開催され、県内各地より52人が参加しました。
参加者は4班に分かれて各圃場に向かい、同行した生産者が収穫方法を教えると、参加者は物珍しそうにくわを手にして収穫作業にあたっていました。慣れない道具に悪戦苦闘しながらも、参加者は目当ての場所で大きな孟宗を掘り当てていました。
収穫が終わると、参加者には湯田川孟宗をふんだんに使った孟宗汁や孟宗ご飯などが振る舞われ、参加者は貴重な体験に笑顔を見せながら、旬の味覚に舌鼓を打っていました。
この取り組みは、湯田川竹林保全管理組合・鶴岡市・大泉支所などが協力して行っているもので、今年で14回目です。

 

収穫方法に興味津々

 

大きな孟宗が採れました

 

 

タグ : 

topics

黄金地区産孟宗がスタート

読了までの目安時間:約 1分

 

黄金地区産孟宗の集荷が、4月30日より金谷選果場で始まり、5月2日には500kgが集荷されました。
この日行われた目揃会には、生産者40人が参加し、出荷規格や集荷方法についての確認を行いました。
また、今年より新たな取り組みとして「朝掘り孟宗」がJA鶴岡産直館の各店舗に出荷される事になり、この日も朝掘りされた孟宗50kgが集まりました。
同選果場での集荷は6月上旬頃まで行われ、今年は60トン以上の出荷を目指しています。

【JA鶴岡産直館営業時間】
★白山店
9:00~18:00

★駅前店
9:30~17:30

★のぞみ店
9:30~18:00

 

今年は60トン以上を目指す

 

目揃会で意識を高めた

 

 

タグ :

topics